​抗加齢・赤ミミズエキス研究会の

​研究会理念

  当研究会は国内外初、会員を医師限定とした赤ミミズに関する研究会で、医師が赤ミミズサプリを用い治療の選択肢を増やし、さらに適切に患者に処方するために、共に研究し情報交換出来る場の提供を目的として設立致しました。
 ミミズは古来より漢方薬として、又現在では医療現場においてメディカルサプリとして使用され、私も千名以上の患者に対し治療の補助として活用してきました。赤ミミズエキスには約百種類もの酵素や その他有用成分が含まれ、その中に 血栓・バイオフィルム溶解、NO 産生による血管拡張、血糖値降下等の優れた作用も認められています。

 しかしながら限られた医師のみが使用しており、認知度が低いのが現状です。また優れた作用が認められるだけに患者に処方する際、特に高齢者においては個々の状態に応じた用法・容量等があり、きめ細かなサポートが必要であると考えます。

 そこで、当研究会の具体的活動として、セミナーでの赤ミミズサプリ使用症例等情報共有・意見交換、会員限定サイトでの赤ミミズエキス最新情報発信等を行います。

 是非 当研究会にご加入にご参加頂き、我々医師が使用すべきメディカル赤ミミズ サプリメントに関する理解を、共に深めて頂ければと願っております。

令和3年7月吉日            
抗加齢・赤ミミズエキス研究会      

会長:岩田 明(長久手南クリニック 院長)